# ハネムーンに行った思い出

私が23歳の頃結婚してその後アメリカとハワイに、ハネムーンに行きました。外国に行くのは生まれて初めての事で不安もありましたが主人もいたので楽しみの方が多かったです。ハネムーンに行く前に外国で着る洋服や、ハワイで着る水着など母と購入して、ハネムーンに行く準備わ整えました。そしていよいよ結婚式の当日が来て無事に式をあげて、その日は香川県で泊まり翌日関西空港から飛行機に乗り、アメリカにハネムーンで飛びたちました。手違いで主人はファーストクラスの席に座り、私は一般の席に座りました。主人に頼りきっている私は別に座った時点で不安でしたが、隣に座っている人がしっかりしていて英語も堪能でコーヒーサービスも、スチュワーデスと英語でのやりとりがスムーズに出来ていて、コーヒーと食事を頼んでいました。私もその人のまねをして何とか食事とコーヒーを頼めました。


その時は嬉しかったです。アメリカに着く時時差があって、日本では夜なのに、アメリカは明け方だったので時差ボケをしてしまいました。徹夜した感じがしました。アメリカに着きツアーバスで遊園地に連れて行ってくれました。着くと自由行動だったので主人と最初絶叫マシーンにいくつか乗りました。主人はあまりジェットコースターが好きでなくてどちらかというと、穏やかな乗り物に乗ったりショーを見たりするのが好きそうでした。私も穏やかな乗り物やショーも好きだったので、途中で切り替えて主人にあわしました。遊園地のショーは素晴らしく見物客でいっぱいでした。帰りに花火もたくさん上がって奇麗でした。おみやげもたくさん買って本当に満足しました。バスに乗ってホテルに着き寛いでいるとツアーで一緒だった3組のカップルが部屋をノックして、一緒に食事に行こうという事でした。皆英語が片言しか言えないので不安だという事で主人は英語が得意だったので、皆のメニューを頼んでくれました。皆から助かったと言われて主人が嬉しそうでした。その事がきっかけで3組のカップルと一緒に行動するようになりました。すごく楽しかったです。帰り飛行機でハワイ行きそこは日本語が通じるので良かったです。


早速買ってきた水着を着て、海で泳ぎました。すると海には熱帯魚がたくさん泳いでいるし海の色がスカイブルーでとても奇麗でした。海岸の砂浜でお弁当を食べてその後主人と写真をたくさん撮りました。夜はハワイアンショーを見ながら食事をとりいい思い出となり、日本に帰りました。